toggle
長良川ストーリー ロゴ
今日の惚れぼれ

生命力に溢れた食べるにごり酒!
『いぶき』と『御土』を飲み比べてみました

ほとばしる生命力! 超貴重などぶろく2種。伊奈波神社の裏山から採取した酵母で仕込んだ、岐阜市生まれの元気な酒『いぶき』と『御土』。一体どんな味がするの?

満を持して、にごり酒『いぶき』が完成!
『いぶき』と『御土』の関係とは?

にごり酒『御土』『いぶき』

 長良川デパート湊町店でも人気で、入ってはすぐに売り切れてしまう、にごり酒『御土』(おんど)をご存知ですか?
『御土』は、岐阜市で酒屋と居酒屋「三楽」を営む藤井商店のご主人、藤井さんが「岐阜のどぶろくを」と夢見て造り出した、どぶろく風にごり酒です。

 伊奈波神社の裏山の大きな木の根元から土を採取し、土の中からアルコールを分解する酵素だけを取り出して造られている貴重なお酒。

 藤井さんのご協力を得て、その同じ酵母と『いぶき米』を使用して新たに数量限定で造られたのが、このにごり酒『いぶき』
いぶき米は、いぶき福祉会のみなさんが作られた特別なお米です。

 いぶき米にはとても力があって発酵が強く、アルコール度数が高くなりました。
どんなお米なのか気になります!

無農薬・無肥料で丹精込めて作った『いぶき米』
いぶき福祉会の米作り

 いぶき福祉会のみなさんが、2016年より岐阜市川辺の水田で、農薬も肥料も除草剤も使わない自然栽培のお米作りをはじめました。
夏の暑い日も、毎日汗だくでどろどろになって草取りをして、愛情と手間をかけて大切に育てたお米。
いぶき米は、岐阜県の奨励品種で、幻の米とも呼ばれている「ハツシモ」です。
大粒で、ほどよい粘りと適度な甘み。炒飯やすし飯にも向いていて、冷めてもおいしいのが特徴。

「自分たちにできる仕事があることや、こんなにおいしいお米ができたことは、仲間たちの誇りです」
いぶきのみなさんの想いがぎゅっとつまっています。

 今期は、豊作で1350kgも収穫できたそう。
このお米を活かせないかと、思いついたのはお酒にすること!

 みなさんの熱い想いが、ついにお酒になりました。
お味はいかに!?

 

かんぱーい! 『いぶき』と『御土』飲み比べてみました。

 瓶のふたをひねった瞬間から噴きこぼれるお酒!
天然発酵による炭酸ガスを含んでいるためです。

  • 「開封注意!」
  • 「活性生酒」
  • 「噴きこぼれますので、5℃以下に冷やして振らずに静かにゆっくり開封してください」
  • 「開封時に噴き出す恐れがあります!」

と、瓶に付いてる取扱説明書に、
これでもかと注意書きが赤字で書いてあるんです…!

 

 「生きている」ことを思い知らされるお酒です。
でも、開け方にコツがあるようで、取扱説明書に詳しくしっかり書いてありますのでご安心を。
開けるだけでも一大イベントになる、パフォーマンス性の高いお酒ですね!

 落ち着いたところで、乾杯!

 左の方が、『御土』を造られた藤井商店の藤井さんです。
長瀧白山神社40代目宮司である若宮多門さんをはじめ、
お酒好きな方々で『いぶき』と『御土』を飲み比べしてみました。

湧き出るがごとく、次々と溢れる。生きているお酒

 止めどなく溢れます。
注いだおちょこの中でもぶくぶく……

肝心なお味はというと……

『いぶき』
・酸味が強く、さわやか。
・複雑で飽きない。
・精米符合89%
・玄米酒ともいえる原始のどぶろくのよう。
・つぶ感がありお米の味がする。
・アルコール度数16度くらい
『御土』
・深いコクと甘み
・果実にちかい華やかな甘み
・上品
・精米符合60%
・香りがある
・アルコール度数12~3度くらい

 かつて室町中期以前、酒は食べると言ったそうですが、それを彷彿とさせるにごり酒だそう。
とにかく生命力が強い、元気で個性的なお酒なのはまちがいなし!

 『いぶき』は生産本数に限りがありますので、お早めにお試しあれ。

飲み比べができちゃう『新酒祭』開催!

 このレア感半端ないお酒を、気軽に飲み比べできるイベントがあるんです!

 『いぶき』、『御土』以外にも、長良川流域にある13もの酒蔵・酒屋の新酒やイチオシ酒を飲み比べできちゃいます!

 しかも川原町の飲食店ではこのイベントだけの特別メニューをご用意しています。
おでんやフランクなどのおつまみから、スイーツも揃っています♪
すべてチケット制ですので、まずは長良川デパート湊町店にて、チケットをお買い求めください。
【5枚綴り1500円】

 お酒が得意でない方も運転担当の方も楽しめますので、お友達と、ご家族とぜひ遊びにいらしてください♪

『長良川新酒祭in川原町』

日時:2/10(土)11:00~18:00

  • ◆長良川デパート湊町店:地酒の飲み比べ及び販売、チケット販売
  • ◇鵜飼茶屋しゃぐ:焼きういろぜんざい梅抹茶セット【1チケット】
  • ◇緑水庵:きんちゃく、大根おろし団子2本、ソフトクリーム、おでん、チーズ団子【各1チケット】
  • ◇cafe&wine池戸:おつまみ【2チケット】
  • ◇パンダプールマフィン:玄米甘酒みりんゆずマフィンなど【1チケット】
  • ◇信長おじさん:抹茶、コーヒー【1チケット】
  • ◇長良川デパート湊町店:ゆずこしょうフランク【1チケット】

詳細はこちら
▷ 【地酒祭りFacebookイベントページ】要チェック!!

─── 立春「長良川の日本酒」特集 ───

2018-02-04

今日の惚れぼれ枠フッター
河口 郁美

長良川デパート湊町店店長・ORGANキモノ着付師
岐阜に移住して6年目。独自の自然、文化に魅了され続けています。

同じカテゴリーの人気記事