toggle
長良川ストーリー ロゴ
長良川二十四節気

【立夏】緑の風をはらむ、鯉のぼり

手仕事だから表情がある。受け継がれる、ここにしかない「鯉のぼり」 2選。美濃和紙のコイや、真冬の水にさらす郡上本染めの黄色いコイ-長良川STORY 二十四節気|「鯉のぼり」特集 

立 夏

【りっか】

  • ▷夏の気配が訪れるころ。
  •  長良川の鵜飼が例年5月11日から始まります。

– –––––––––– テーマ –––––––––– –

緑の風をはらむ、鯉のぼり

– –––––––––––––––––––––––––– –

2018年5月5日(日)

– –––––––––––––––––––––––––– –

 2018年5月5日(日)は二十四節気の「立夏(りっか)」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長良川の四季の“小さなステキ”を伝える、年に24通の季節のおたよりです。

小原屋の鯉のぼり

↑ 表紙:今回の鯉のぼり記事から、岐阜市・小原屋商店の『のぼり鯉』。

立夏(りっか)

 鯉のぼりならぬ、「○○のぼり」が全国にありますが、郡上の道の駅「古今伝授の里やまと」には郡上本染めの「(あゆ)のぼり」が泳いでいるようです。これがなかなか、かわいいんですよ。
 長良川の夏の風物詩「鵜飼(うかい)」が行われる岐阜市と関市では、5月11日の鵜飼開始に合わせて鮎漁も解禁になります。

 今回は「鯉のぼり」をテーマにお送りします。

CONTENTS

 

||| 後記:T O P I C S  |||

 第25回の季節レターは、「鯉のぼり」の特集をお届けしました。

◇◆◇ お知らせ ◇◆◇

◎ 岐阜市川原町エリアに『長良川てしごと町家CASA(カーサ)』5月12日(土)オープン
 古い町並みの一角に、職人技を見て体験して買える、新しいスタイルの複合施設「長良川てしごと町家CASA」の店舗部分がオープン。長良川流域の手仕事が結晶した岐阜和傘の工房・小売店「〇△CASA」(わがさカーサ)や、岐阜市の提灯メーカー「オゼキ」が手掛けるモダン提灯の傑作「イサムノグチ AKARI」シリーズのショールームなど、長良川の本物の手仕事に触れることができます。
 今後、活版印刷工房やカメラスタジオなど続々と入居予定!CASAのこれからにぜひご期待ください。
▷オープン日:2018年5月12日(土)11:00~ (鵜飼開き翌日)
▷住所:岐阜市湊町29
▷お問合せ:長良川デパート湊町店(岐阜県岐阜市湊町45)
▷電話番号:058-269-3858
「長良川てしごと町家CASA」クラウドファンディングページ(※受付終了)

._____._____._____._____.

◎ ほっこり癒し旅 長良川温泉女子旅キャンペーン
 『温泉総選挙2017・女子旅部門』で栄えある第1位を獲得した長良川温泉。2018年4月~12月まで、ぎふ・長良川温泉エリアで受賞記念キャンペーンがスタートします♪
 毎月最終金・土に浴衣・着物の女性が素敵なサービスが受けられる「プレミアム女子旅day」や女性専用の鵜飼観覧船「女子旅クルーズ」、Instagramキャンペーンなど女子にうれしい素敵な企画が目白押し!女子旅No.1の長良川温泉で癒しの時間をお過ごしください。
岐阜長良川温泉旅館協同組合 公式サイト

._____._____._____._____.

※同内容を、メールマガジンでも配信しています。
メールマガジンに登録する

2018-05-05

長良川二十四節気枠フッター
奥村 裕美

長良川STORY / 長良川二十四節気 編集長。
プログラマー・Webデザイナーののち、現在はライターを中心に活動。
イラストレーション・写真・食べ歩き好きな生粋の岐阜県民で、2児の母。
美味しいスイーツ情報があればどこまでも!