toggle
長良川ストーリー ロゴ
今日の惚れぼれ

ヨーロッパでも大人気!ふわりとした雪のシルエットで、インテリアを楽しむワザ

美濃和紙が魅せる雪のデコレーションSNOW FLAKE(スノーフレーク)

 今年は全国的にも雪がよく降っていますね。
岐阜市もちらちらと雪が舞う日が多いように感じます。

大雪は不便も多く困りものですが、
暖かい部屋ではらはらと舞う雪を眺めるのは、とても美しく特別な気分になります。

そんな美しい雪を和紙で表現したアイテム『SNOW FLAKE(スノーフレーク)』をご紹介します。

SNOW FLAKE(スノーフレーク)は、家田紙工の『WASHI dECO(ワシ デコ)』シリーズのひとつで、雪の結晶をかたどった美濃手漉き和紙でできています。
サイズは、SSS、SS、S、Lと4種類あり、結晶の柄は、20柄以上。

↑Sサイズ【800円+税】柄は5種。
SNOW FLAKE(スノーフレーク)にはそれぞれイメージされた国や都市などの名前が付いています。「gifu」も!なお、寒い土地ほど結晶の形が細かくなるのだそうです。

↑上からSサイズ【800円+税】、SSサイズ【500円+税】、SSSサイズ【500円+税】

レイアウトも自由自在。何度も使えるSNOW FLAKE(スノーフレーク)の楽しみかた

 使い方は簡単!
SNOW FLAKE(スノーフレーク)を、窓ガラスに霧吹きで水を噴きかけるだけで張り付きます。

たったこれだけ。
しかも乾いたあとは、はがして何度も使えるんです。

長良川デパート湊町店のご近所でいつもSNOWFLAKEをすてきにデコレーションされているお宅があります。
そのお宅でSNOW FLAKE(スノーフレーク)を見られた方が、買い求めに来られることも。
今は雪の結晶で雪の結晶を描いた模様がとても大胆で美しい。
このように、大小のサイズを混ぜてみたり、たくさんの商品でシンプルな絵柄を作るのもおしゃれですね。

 『WASHI dECO』には雪の結晶柄だけではなく、植物や幾何学模様のシリーズもあるのです。
春からはそのシリーズを用い、春と冬と年に2回張り替えて、季節感を楽しんでいらっしゃいます。
SNOW FLAKE(スノーフレーク)も5年ほど使い続けているそうで、和紙の丈夫さに驚きます。
外国の方のお土産に大変喜ばれているんだとか。
軽くてかさばらない和紙製品は、お土産に最適ですね。

まちを彩る。貼って楽しむ。見て楽しむ

↑美濃のうだつのあがる町並みにある『カミノシゴト』。様々な模様がある『WASHI dECO』。季節ごとに張り替えられ、楽しませてくれています。

↑長良川デパート湊町店でも冬になると、さりげなくSNOW FLAKE(スノーフレーク)がちらちら舞う雪のように貼られています。

↑長良川デパート湊町店の店内。SNOW FLAKE(スノーフレーク)のモビールもあります。【6piece 1,100円+税】
窓に貼れない方に最適!

魅了される美濃手漉き和紙の手わざ。

 この和紙は、美濃の手漉き和紙工房「保木工房」で制作されています。
楮100%の天然原料を使用し、楮の繊維を様々なかたちに漉き分けることによって、一枚一枚が独立した紙として仕上げられています。
非常に細かい模様でありながら、丈夫で美しい手漉き和紙。
素晴らしい手わざが活きています。

 天然素材で繊細な手仕事によって作り出された柔らかい和紙の風合いを、ぜひ気軽に楽しんでみてください。

 

─── 雨水「なごりの雪を楽しむ」特集号 ───

2018-02-19

今日の惚れぼれ枠フッター
河口 郁美

長良川デパート湊町店店長・ORGANキモノ着付師
岐阜に移住して6年目。独自の自然、文化に魅了され続けています。