toggle
長良川ストーリー ロゴ
長良川二十四節気

【処暑】郡上本染、秋おんぱく

処 暑 |【しょしょ】

▷朝晩に秋の気配が漂い、
少しずつ暑さがおさまってきます。

– –––––––––– テーマ –––––––––– –
郡上の藍染
– –––––––––––––––––––––––––– –
2017年8月23日(水)
– –––––––––––––––––––––––––– –

 本日2017年8月23日(水)は二十四節気の「処暑(しょしょ)」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長良川の四季の“小さなステキ”を皆さんにお伝えする、年に24通の季節のおたよりです。

「処暑」

夏の気配の中に、時折、涼しい風が混ざり始めます。この時期に「二百十日」が訪れます。立春から数えて210日目は、稲が実る頃にやってくる台風の当たり日として、昔から農家が恐れてきた日。例年(今年も)9月1日が二百十日にあたります。9月1日が防災の日となったのは、関東大震災の日であると同時に、二百十日と重なるからでもあるのです。
一方で、柿渋を作るならば、二百十日に収穫した渋柿がよいとされてもいます。
昔からの人々の知恵が季節の暦には詰まっています。

今回のテーマは「郡上の藍染」です。

._____._____._____._____.
Pick Up
⚭ 外国人フォトグラファーが切り取る、郡上本染職人
人気写真家 アーウィン・ウォン(Irwin Wong)氏が見た、伝統の技・郡上本染

 郡上八幡の冬の風物詩・寒ざらしの鯉のぼりに用いるカチン染や、天然染料にこだわった本染の伝統技法が今なお守り継がれている、郡上の藍染文化。
藍の染料に爪まで染まりながら真摯に働く職人の姿を、アーウィンさんがとらえます。

▶ 続きを読む

._____._____._____._____.
長良川の逸品
⧕長良川デパート 今日の惚れ惚れ⧔
郡上の渡辺染物店と石徹白洋品店を見学。
ジャパンブルーの藍で染めた手は真っ青だけど、これも勲章。

 身近な藍染の染料がどのようにできるのかご存知ですか?人々を長い歳月魅了してやまない藍染とは、いったいどんなものなのでしょうか。
「長良川デパート」店長の河口が、収穫から染めまでに密着。

▶ 続きを読む

._____._____._____._____.
Column
川のあるまち ここだけ!体験
今年もいよいよ、秋のおんぱくが始まります!

 長良川おんぱくでは「岐阜の本物に出会える170の小さな旅」をテーマに、10・11月の2ヶ月間、魅力あふれるプログラムを過去最大の170個ご用意しました。郡上本染の藍が映えるストール作り体験もあり!
そして、おんぱくオープニングイベント「湊の手しごと市」を、9/10(日)に開催するお知らせもありますよ!長良川の手しごとを支える職人の技が集合します。

▶ 続きを読む

 

||| 後記:T O P I C S  |||

第8回の季節レターは、「郡上の藍染」の特集をお届けしました。

◇◆◇ 催しもの◇◆◇

◎長良川おんぱくオープニングイベント「長良川湊の手しごと市」開催!

今年は、職人の手しごと実演や体験、展示・販売を行います。
長良川の美味しいものも大集合!ドローン菓子まきもありますよ♪
恒例のオープニングセレモニーでは、鳳川伎連による舞踊と、刀匠が競演します。
▷開催日時:9月10日(日) 10:00~15:00
▷開催場所:長良川デパート湊町店からすぐの川原町広場(岐阜市上材木町375−7)

長良川 湊の手しごと市 特設サイト

◎いよいよ長良川おんぱく2017秋 始まります!

昨日8/22(火)より170のプログラムが公開されたばかりです。今すぐチェックを!
長良川おんぱく公式サイト

※同内容を、メールマガジンでも配信しています。
メールマガジンに登録する

2017-08-23

長良川二十四節気枠フッター
野村 ひとみ

ORGAN情報発信担当・ライター。
福岡育ち東京暮らし8年を経て、ダンナさんの地元岐阜に移り住み早5年。昆虫大好きな息子とレコードオタクでカメラマンのダンナさんと共に、自然の豊かさ、長良川の奥深い魅力、採れたて野菜の美味しさに日々感動しつつ、岐阜ライフを楽しんでいます。