toggle
長良川ストーリー ロゴ

車窓から長良川を眺めてのんびりと長良川鉄道に乗って

観光列車「ながら」も登場 今、大注目のローカル鉄道旅

昭和61年に誕生した「長良川鉄道」。国鉄越美南線を引き継いで、美濃加茂市、富加町、関市、美濃市、郡上市の38駅を結ぶこの路線は、地域の足としてはもちろん、多くの観光客にも利用される旅情あふれるローカル鉄道です。

ビルや民家が立ち並ぶまちの中を出発した列車は、やがて田畑を抜け、清流長良川に沿って雄大な景色の中へ。いくつもの橋梁を渡るたびに、右に左にと現れるゆるやかな流れは、上流に向かうにつれて勢いが増していきます。「関」「美濃市」「郡上八幡」の各駅には、途中下車して立ち寄りたいスポットも充実。
春には桜並木がピンク色に染まり、夏は川の中からラフティング客が手を振り、秋には見事な紅葉に、冬は静かな雪景色に包まれる。そんな車窓からの眺めも楽しみながら、のんびりとローカル列車に揺られてみませんか。

美濃太田駅 s

美濃加茂 向龍館

昭和34年から続く美濃太田駅の名物駅弁は、昔ながらの立ち売りスタイルが旅情をそそります。「松茸の釜飯」(1,000円)ほか、ちらしずしも好評です。電話予約可。

住/美濃加茂市中富町1-10-6
電/0574-25-2083 営/9:00~16:00
休/無休
交/長良川鉄道美濃太田駅より徒歩8分
HP/http://www.ekiben.or.jp/koryukan/

関駅 s

関 関善光寺(宗休寺)

大日堂に安置される宝冠大日如来坐像の姿が“五郎丸ポーズ”に似ていると話題に。全長49mの卍字型戒壇巡り(大人300円、中学生以下100円)も体験できます。

住/関市西日吉町35
電/0575-22-2159
拝/9:00~17:00
P/約30台
交/長良川鉄道関駅より徒歩2分
HP/http://www.seki-zenkoji.jp/

関 うなぎの名代 辻屋

創業150年、遠方からも常連が訪れる老舗の名店。うな丼は香ばしいうなぎとコクのある秘伝のタレが絶妙です。

住/関市本町5-14
電/0575-22-0220
営/11:00~14:30、17:00~20:30
休/月曜日
料/平均予算2,600円
P/50台
交/長良川鉄道関駅より徒歩10分

美濃駅 s

美濃 うだつの上がる町並み・旧名鉄美濃駅

江戸時代に商人の町として栄えたこの町並みには、今も立派な“うだつ”(屋根の両端にある防火壁)の上がる建物が数多く残ります。古い酒蔵からカフェまで新旧さまざまな店が軒を連ねる通りは、散策にもぴったり。旧名鉄美濃駅には大正12年の開設時の駅舎やプラットフォーム、線路がそのまま保存されています。また、「モ512号」「モ601号」「モ593号」の路面電車3両も展示されています。

問/0575-35-3660(美濃市観光協会)

美濃 美濃町家 Mam's

芳ばしい焼きたてパンがずらり。カフェメニューは「米粉のピザのセット」(ドリンク代+250円)が人気です。

住/美濃市加治屋町1992-1
電/0575-35-0073 営/10:30~18:00
休/日・月曜日 交/長良川鉄道美濃市駅より徒歩15分

美濃 エムエム・ブックス

「マーマーマガジン」編集長の服部みれいさんが厳選する、心と体に優しい服や本を扱うセレクトショップです。

住/美濃市俵町2118-19
電/0575-46-8168 営/12:00~17:00
(土日祝は10:00から) 休/火曜日
交/長良川鉄道美濃市駅より徒歩15分
HP/http://murmurmagazine.com/

郡上八幡駅 s

郡上 郡上八幡

郡上八幡駅には昭和4年に建てられた木造駅舎が健在。毎夏「郡上おどり」が開催される郡上八幡には、年間約120万人の観光客が訪れます。郡上八幡城からは城下町が一望できます。

問/0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

郡上 カフェ・町家さいとう

江戸時代から築200年以上を経た町家で、中庭を眺めながらいただく抹茶は格別。併設の美術館では茶道具などを展示。

住/郡上市八幡町新町927
電/0575-65-3539
営/11:00~16:00
休/木曜日、1・2月
料/平均予算500円
交/長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩20分
HP/http://www.saito-museum.com/cafe/

郡上 下町バル 玄麟

旧稲葉邸を改築した「町家玄麟」内にあり、地元の人が集うバル。名物「玄麟チキン」(150円)にはハイボールを。

住/郡上市八幡町新町939 町家玄麟1F
電/0575-67-9066
営/18:00~24:00
休/日曜日
料/平均予算2,000円
交/長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩15分
HP/http://www.gujohachiman.com/genrin/bar_genrin/

郡上 雀の庵

趣のある庭園や吉田川の清流を眺めながら、郡上の豊かな食材をふんだんに使った本格イタリアンが味わえます。

住/郡上市八幡町島谷474-1
電/0575-67-2355
営/11:30~15:00、17:00~22:00
休/火曜日
料/平均予算昼3,500円
交/長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩20分
HP/http://suzumenoiori.wix.com/gujo

北濃駅 s

観光列車ながら

平成28年春、長良川鉄道に観光列車「ながら」が登場しました。上品なロイヤルレッドを基調とした車両は、数々の名車両を手掛けた水戸岡鋭治氏によるデザイン。県産ヒノキを随所に使用して木目調でまとめられた車内には、オリジナルの意匠があちこちに散りばめられています。素敵な空間で景色と食を楽しむ。そんなちょっぴり贅沢な列車の旅はいかが。

【お問い合わせ・ご予約】
長良川鉄道「ながら」予約センター

TEL: 0575-46-8021(10:00~16:00)
HP/http://www.nagatetsu.co.jp

img_nagatetsu03

現在は週末や祝日を中心に1日1往復運行。チケットは乗車日2カ月前の月の1日10:00~予約受付となります。

ランチプラン 12,000円
(2日間有効フリー切符・おみやげ付)
スイーツプラン 5,000円
(1日有効フリー切符付)
ビュープラン 普通運賃+500円

期間限定の無料バス&無料ガイドでもっと楽しく!

※「ながら」と一緒にご予約ください

「ながら」の乗客だけが利用できる無料バスや無料ガイドを予約して、魅力いっぱいの郡上を快適にめぐろう!

a 郡上満喫

平成28年7~10月の「ながら」運行日に、1泊2日のガイド付無料観光バス「石徹白コース」「高鷲コース」が利用できます。

b JR下呂駅→郡上八幡間

平成28年7~12月の「ながら」運行日に、JR下呂駅から郡上八幡まで無料で利用できる連絡バスが運行します。

c 郡上八幡を散策

平成28年12月までの「ながら」運行日に、まちなみ観光案内人が、吉田川沿いの遊歩道などを無料でガイドしてくれます。