toggle
長良川ストーリー ロゴ
長良川二十四節気

【夏至】郡上下駄と郡上のまち

夏 至 |【げし】

▷一年で最も昼間が長い一日。
梅雨と太陽のめぐみで作物がぐんぐん成長する時期。

– –––––––––– テーマ –––––––––– –
郡上下駄と郡上のまち
– –––––––––––––––––––––––––– –
2017年6月21日(水)
– –––––––––––––––––––––––––– –

 本日2017年6月21日(水)は暦の上では「夏至(げし)」。
本格的な夏へと、暑さが日に日に増していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夏至」

 これから訪れる猛暑を乗り切るために、夏至の時期に食べる物の習慣が各地域に残っています。関西ではたこの足のように稲が根付くようにと、たこを食べるのだそう。福井県では栄養が豊富な鯖(さば)を食べて農業を乗り切ったとか。愛知県の一部では、いちじくに田楽味噌をつけて食べるそうです。
ところで、長良川流域では夏至の食べ物ってあるのでしょうか。ご存知の方はぜひ教えてくださいね。

今回のテーマは「郡上下駄と郡上のまち」です。

._____._____._____._____.
Pick Up
⚭外国人フォトグラファーが切り取る、郡上の下駄職人
》人気写真家 アーウィン・ウォン(Irwin Wong)氏が見た、郡上おどりの下駄づくり

 日本の職人の撮影をライフワークとしているアーウィンさん。外国人らしい独自のセンスで、鵜匠や和傘職人を表現してきました。そんな彼が今回、下駄職人を切り取ります。「郡上木履」の諸橋さんは郡上の素材にこだわり、下駄作りの全工程を郡上で行っています。そんな職人の姿に、ただ惹きこまれる自分に気づきます。

._____._____._____._____.
暮らす 旅する
郡上おどり体験レポート
》誰もが無我夢中で踊りつづける「徹夜おどり」の魅力とは

 郡上おどりのルーツは、岐阜・石川・福井・富山の4県にまたがる山「白山(はくさん)」にあるという説があります。夏でも雪をたたえて美しく、流れ出る川が里を潤してきた白山は、昔から山を神様として崇めてきた日本人にとって、代表的な霊峰でした。郡上踊りは白山の神様に捧げる踊りだったと言われています。
今年も7/8(土)から始まる郡上おどり。朝まで夜通し踊り続ける徹夜おどりは特に盛り上がります。ぜひこの夏、訪れてみてはいかがですか。

._____._____._____._____.
Column
⧕長良川デパート 長良川の手しごと⧔
》店長やスタッフも年中愛用。
ポップな鼻緒の郡上下駄 / 一点モノのオリジナル手ぬぐい

 

||| 後記:T O P I C S  |||

 第4回の季節レターは、郡上特集をお届けしました。

◇◆◇ 催しもの ◇◆◇

◎長良川白山旅スタンプラリースタート

……白山開山1300年記念イベントとして、長良川の流域を巡るスタンプラリーが始まりました。長良川デパート限定の御朱印帳や、長良川番傘など豪華賞品が当たります。ぜひ白山ゆかりの地を楽しく訪れてみませんか?

▷期間:6月16日(土)~12月24日(土)

▷スタンプ設置場所:岐阜市・美濃市・関市・郡上市の道の駅、観光関連施設など計33か所

詳細: 長良川白山旅スタンプラリー
http://www.nagaragawastory.jp/freepages/hakusan-stamp/

 

2017-06-21

長良川二十四節気枠フッター
野村 ひとみ

ORGAN情報発信担当・ライター。
福岡育ち東京暮らし8年を経て、ダンナさんの地元岐阜に移り住み早5年。昆虫大好きな息子とレコードオタクでカメラマンのダンナさんと共に、自然の豊かさ、長良川の奥深い魅力、採れたて野菜の美味しさに日々感動しつつ、岐阜ライフを楽しんでいます。